名古屋大学インターナショナルプラザ

この計画は、名古屋大学キャンパスの中央を貫く山手通りとキャンパスの軸をなすグリーンベルトとが交差する敷地に、名古屋大学の新たな顔となる交流施設をつくるものである。
大学のインフォメーション機能を備え、情報を発信する拠点であると同時に、海外からの来賓や同窓生、教職員などが気軽に交流できる場を提供する施設である。情報プラザ・ギャラリー・レストラン・交流ラウンジ・会議室などを備え、豊田講堂、古川記念館とともに、グリーンベルトに面してキャンパスの象徴的な景観を生み出すことが意図されている。
中央の池を取り囲んで立体的に配置された空間が相互につながり、利用者の交流を促すように計画されている。

所在地: 愛知県 名古屋市 
完成年: 2013
用途: ギャラリー, 会議室, ラウンジ
主要構造: 鉄筋コンクリート, 鉄骨
階数: 地下1階 地上3階
敷地面積: N/A
建築面積: 980m²
延床面積: 2,500m²
設備設計: 総合設備計画