トライアド

ハーモニック・ドライブ・システムズ社の製品の試作・研究を行う研究棟と、同社が預かる飯田義國氏のコレクションを展示・収蔵するギャラリー棟と、敷地入口の守衛所の、3つの建物からなる。夏は緑に、冬は雪に覆われる自然の中のコンプレックスの姿は、自然そのものの形態や素材のトレースでもなく、タイポロジカルな建築形態でもない、硬質な矩形と滑らかなカーブの組合せとして立ち現れている。

所在地: 長野県 南安曇郡 
完成年: 2002
用途: 事務所, ギャラリー
主要構造: [研究棟]鉄骨造トラス併用ラーメン構造, シェル構造, 鉄筋コンクリート造 [ギャラリー棟・守衛所]鉄筋コンクリート造
階数: 地上2階
敷地面積: 71,377m²
建築面積: [研究棟]743m² [ギャラリー棟]372m² [守衛所]33m²
延床面積: [研究棟]712m² [ギャラリー棟]354m² [守衛所]33m²
構造設計: 構造設計工房デルタ
設備設計: 総合設備計画
■ URL
http://www.hds.co.jp/
■ 掲載誌
Fumihiko Maki(PHAIDON)
新建築:2002.7
日経アーキテクチュア:2002.6.8
GA JAPAN:2002. 57号