リパブリック ポリテクニック

既存の緑と地形を活かした計画であるが、創り出された新しいランドスケープは周囲の自然に対して際立った場所性を獲得し、多様な施設群からなるキャンパスに一体感を与えている。キャンパス計画の中心となるのが教室棟と教務棟の建築群と、それらを包絡する中間領域として提案された共有スペース、人工地盤(Lawn)とその下に広がるAgoraである。Lawn及びAgoraは空間的な閾の役割を担うとともに、学生と先生が集いインフォーマルに交流できる場所を提供している。事務棟、文化施設、立体駐車場及び体育館といったサポート施設はキャンパス外周部に分散され、Lawn/Agoraとはブリッジにより接続されている。

所在地: シンガポール ウッドランド 
完成年: 2007
用途: 学校(ポリテクニック), 図書館, 体育
主要構造: 鉄筋コンクリート造, 一部鉄骨造
階数: 地下1階 地上11階
敷地面積: 200,000m²
建築面積: 70,000m²
延床面積: 210,000m²
設計協力: DP Architects Pte Ltd
構造設計: Meinhardt (Singapore) Pte. Ltd.
設備設計: Beca Carter Hollings & Ferner (S.E.Asia) Pte. Ltd.
■ URL
http://www.rp.edu.sg/
■ Notes
ランドスケープ:鳳コンサルタント
音響設計:永田音響設計/Acviron Acoustics Consultants Pte. Ltd.
■ 掲載誌
Fumihiko Maki(PHAIDON)
Dialogue:2004.3
The Architectural Review:2006.1
新建築:2008.5別冊 [IN PROGRESS], 2007.9
■ Awards / Competition
BCAグリーンマークアワードプラチナ(2006),プレジデントデザインアワード(2009)
1等 招待コンペ (2002)