名古屋大学 豊田講堂 改修

この講堂は名古屋大学のシンボルであると同時に槇文彦の日本での最初の作品として 47年前に建設された。
・DOCOMOMO100選にも選定されている既存部分は、保全改修を基本とする。
・学会や音楽会にも対応できるホールの音響性能と施設機能の向上を図る。
・ホワイエの拡張(アトリウム)と隣接建物との一体化により多目的利用を可能とする。

所在地: 愛知県 名古屋市 
完成年: 2007
用途: 学校, 講堂
主要構造: 鉄筋コンクリート造
階数: 地下1階 地上2階(中2階付) 塔屋3階
敷地面積: 381,096.65m²
建築面積: [既存]3,151.87m² [増築]約630m²
延床面積: [既存]6,270.22m² [増築]約860m²
構造設計: 青木繁 研究室
■ URL
http://www.nagoya-u.ac.jp/home-coming-day/hcd_3/index.html
■ 掲載誌
新建築:2008.7
■ Awards / Competition
日本建築学会賞(1963),名古屋市都市景観重要建築物指定(1993),登録有形文化財(2011),BELCA賞(2011), 公共建築賞 - 特別賞(2012),日本芸術院賞・恩賜賞(2013)