長野市第一庁舎 (+長野市芸術館)

敷地は長野市の都市軸の一つである大通りに面しており、通り沿いの軒の高さを抑え、ファサードの分節化によってヒューマンスケールの街並みの形成を目指している。通りからは中の様子が垣間見え、また室内からは広場の緑や街の風景が望める開放的な設えであり、建築の内と外で「見る-見られる」の関係性を創っている。

建物は庁舎とホールの複合施設であり、合築の相乗効果によって、よりにぎわいが生まれるよう、中央に置かれた中庭に沿って連絡路を設け、相互に利用可能な構成である。両者はニワを挟んで連携する一体の施設であり、屋根型、素材、色などの要素を共有する一方、ホールと庁舎では内包する空間の質や機能が異なっており、このような特性の違いが外観にも映し出されている。

所在地: 長野県 長野市 
完成年: 2016
用途: 市庁舎 (+劇場、音楽ホール)
主要構造: RC造、SRC造、S造
階数: 地下2階/地上8 階
敷地面積: 13,004m²
建築面積: 5,784m²
延床面積: 15,980m² (+長野市芸術館 12,483m²)
設計協力: 長野設計協同組合
構造設計: 梅沢建築構造研究所
設備設計: 総合設備計画
完成年 (外構):2018
音響設計:永田音響設計
ランドスケープ:オンサイト計画設計事務所
■ Awards / Competition
1等 公開プロポーザル (2011)