慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)

既存の緑と自然地形の起伏を活かした全体計画を行い、ランドスケープと一体になったキャンパス風景を形成している。教育および研究施設群は情報センターを中心に中央部の丘に集約して配置し、情報のネットワークと同様にループ道路内の各施設をパブリックアクセスで繋いでいる。分棟形式の建築群には建物の機能や空間の特性に応じて各々固有の表情を与えながらも、全体としては一つの都市のような統一感をもたせている。

所在地: 神奈川県 藤沢市 
完成年: 1992 - 1994
用途: 大学, 図書館, ホール, 体育館, 大学院研究所, セミナーゲストハウス
主要構造: 鉄筋コンクリート造, 鉄骨鉄筋コンクリート造, 鉄骨造 [大学院研究所・セミナーゲストハウス]鉄筋コンクリート造
階数: [大学院研究所]地上4階 [セミナーゲストハウス]地上2階
敷地面積: 313,009m²(中・高等部含む)
建築面積: 17,226m²(中・高等部除く)
延床面積: 42,882m²(中・高等部除く) 
構造設計: 木村俊彦構造設計事務所 / SDG構造設計集団 / 花輪建築構造事務所
設備設計: 森村協同設計事務所
■ URL
http://www.sfc.keio.ac.jp
■ 掲載誌
Fumihiko Maki(PHAIDON):2009.6
日経アーキテクチュア:1995.2.20, 1992.7.20
新建築:1994.7
GA JAPAN:1994. 9号
建築文化:1992.8, 1990.6
■ Awards / Competition
ふじさわ都市デザイン賞(1992),神奈川県建築コンクール賞(1992),インテリジェントアワード建設大臣賞(1994),JIA25年賞(2016)